通信講座の魅力

「管理業務主任者試験は独学合格できる?」のページで、受験勉強の方法として独学を選ぶことはおすすめできないと述べましたので、残る選択肢は、通学講座を受講するか通信講座を受講するかのどちらかになります。
このページでは、「通信講座を受講する」を選択しようと考えている受験生を対象に、通信講座の魅力について述べてみたいと思います。

管理業務主任者試験の勉強をする際に、ただテキストを読むのではなく、そこに講師の解説が付くため、内容をより良く理解できる点は、通学講座も通信講座も同じです。
ただし、通学講座はフェイス・トゥ・フェイスで講義が行われるため、講師は受講生の反応を見ながら説明をしてくれたり、あるいは疑問点について質問をすればすぐに答えてくれるといった特徴があります。

それでは、フェイス・トゥ・フェイスで講義が行われない通信講座は通学講座よりも劣っているのかと言えば、必ずしもそうとは言えません。通信講座の講義は、CDやDVDなどを使って行われるわけですが、これら講義メディアの最大の特徴は、繰り返し学習が可能であることです。

通学講座の講義はライブで、確かに臨場感はありますが、聴講できるのは1度のみ。自宅での復習などは結局、講師による解説なしでテキストを読み返さなくてはなりません。
その点、講義メディアなら、いつでもどこでも何回でも視聴可能ですから、使い方次第では、より密度の濃い受験勉強を行うことができます。

そしてもう1点、通信講座の講義の方が優れている点があります。それは、講義を担当する講師の質です。

通学講座にももちろん素晴らしい講師はたくさんいますが、必ずしもその講師が、自分が通う学校または曜日の講義を受け持ってくれるとは限りません。場合によっては、自分と相性の悪い講師に当たってしまうことだってありえます。

対照的に、通信講座の講義を担当するのは、その学校のエース級の講師であることがほとんどです。しかも、ぶっつけ本番の生講義ではなく、収録・編集したものなので、常に100点の講義を受講することができます。

臨場感では通学講座に劣りますが、質の高い講義を、なおかつ繰り返し視聴できる点が、通学講座の魅力になります。


Menu