通学講座の魅力

「管理業務主任者試験は独学合格できる?」のページで、受験勉強の方法として独学を選ぶことはおすすめできないと述べましたので、残る選択肢は、通学講座を受講するか通信講座を受講するかのどちらかになります。
このページでは、「通学講座を受講する」を選択しようと考えている受験生を対象に、通学講座の魅力について述べてみたいと思います。

やはり「管理業務主任者試験は独学合格できる?」ページで説明したことの繰り返しになりますが、管理業務主任者試験というのは、不動産に関する専門的知識が問われる試験であると同時に、そのベースとなる法律知識の理解力が問われる試験でもあります。
そして、法律を学ぶにあたってただテキストを読むだけでは「難しい」あるいは「効率が悪い」というのが、独学をおすすめできない理由でした。

その点、通学講座ならば、講師が「通訳」となって、難解な法律用語であっても簡単にかみくだいて説明してくれるので、ただテキストを読むのと比べて内容把握も容易です。
また通学講座の場合は、フェイス・トゥ・フェイスで講義が行われるので、たとえば説明に対して受講生が納得した表情をしていないようなら、その反応を見て、講師は繰り返し、時に表現を変えて説明し直してくれることでしょう。

講義の内容についてわからないことがあれば、講義終了後に講師に質問しに行くことで、すぐに疑問を解消することだってできます。
これが独学だとしたら、テキストを読んでいてわからないことがあれば、別のテキストで内容を確認するしかないでしょう。たとえ別のテキストを確認したところで、疑問が解消される保証はどこにもありません。

また、学校に通うことで受験仲間ができることも、通学講座を受講することのメリットのひとつです。講師の説明では今ひとつピンとこなくても、知識レベルが同じくらいの受験仲間の説明の方がかえってわかりやすいといったことも、よくあることです。

講師そして受験仲間などの力を大いに活用して、管理業務主任者試験合格を目指してください。


Menu